【スペック詳細】Pガールフレンド(仮)M2-K YT500

2020年12月26日スペック詳細

Pガールフレンド(仮)M2-K YT500筐体
Pガールフレンド(仮)M2-K YT500
メーカーニューギン
機種名Pガールフレンド(仮)M2-K YT500
型式名Pガールフレンド(仮)M2-K YT500
ReLf枠
規則P機
タイプライトミドルタイプ
特賞種別一種
導入予定日2021/04/05
検定日2021/01/15
販売予定台数調査中

【機種特徴】
ST, V確, b時短

【機種備考】
なし

【検索用文言】
がーるふれんどかっこかり
ガルフレ

【注意事項】
・各算出数値はシミュレート値になりますので、計算算出とは数値が異なる場合があります。
・数値は少数第二位あたりを切り捨てor切り上げをしています。
・残保留の有無は各算出条件を参照のこと。
・試行回数、各種数値は記事更新段階の数値であり他ツールの値とは異なることがあります。
・各数値をサイト、ブログ、動画、SNS、ツールにて使用する場合は引用元として機種ページへのリンクを貼って頂けるとありがたいです。

【ボーダー・トータル確率】
各算出条件のボーダー・トータル確率は、「【ライトミドル】Pガールフレンド(仮)M2-K YT500 | ボーダー・トータル確率・ツール」に掲載しています。
また、各モードの平均連・平均出玉、一撃出玉の発生率を知りたい方も上記リンクを参照の事。

設定・条件

設定-条件説明試行回数
なし通常条件遊タイムあり、残保留なし2292万回
遊タイムあり、残保留あり遊タイムあり、残保留あり2244万回
遊タイムなし、残保留なし遊タイムなし、残保留なし2070万回
遊タイムなし、残保留あり遊タイムなし、残保留あり2186万回
各算出条件と試行回数

試行回数は初当り回数
初当りの条件は低ベース(一般的な機種のヘソ)消化時の大当り

共通設定

算出条件に関わらず、機種として共通の設定値

特図

特図1保留特図2保留優先特図普電特図
44特図2優先特図2
特図詳細

普電特図は所謂電チューで変動する特図の事で普電内に設置されている作動口で変動する特図のこと

賞球

名称賞球
特1始動口1個
普電11個
大入賞口111個
賞球一覧

普図作動口は電サポ開放抽選を行うゲート(スルー)がポケットに設置されている場合
普電は電チュー、大入賞口はアタッカーのこと

モード

本機種はモードとして下記を設定(全算出条件共通)
平均,ST
※平均は全ての合算値

設定:なし(算出条件:通常条件)

条件説明:遊タイムあり、残保留なし

状態

状態は各遊技状態を自分なりに設定したものであり、遊技機に表示される状態名とは異なります。
順番は設定時に思いつきで入力しているため結構適当です。

状態名特図特図状態普図状態リミット状態ベース対象モード
通常1
ST2ST
時短2
遊タイム2
各遊技状態

実質大当り確率・継続率

各状態の実質大当り確率と実質継続率
継続判定は大当りとし、継続回数/選択回数にて算出
一種二種混合機については合算値

状態名大当り確率継続率
通常1/199.8390.61%
ST1/62.5880.03%
時短1/199.9539.42%
遊タイム1/200.0297.77%
実質大当り確率・継続率

※普図抽選の場合は2回以上の当選は全て当選1回とする
例:普図当選確率:1/1、4回抽選の場合
当選:1回(4回)、変動回数4回で大当り確率1/4と表記(正確な継続率取得の為)

一種確率

各状態別の一種確率
順番は設定時に思いつきで入力しているため結構適当です。

状態名前確率ST回数転落確率
通常低確率1/199.8
ST高確率1/62.59100回
時短低確率1/199.8
遊タイム低確率1/199.8
一種確率

時短

各時短設定値
順番は設定時に思いつきで入力しているため結構適当です。

名前消化状態継続率終了条件残保留その他リミット対象モード
ST100ST80.03%特図:100回ST
サポ100時短39.42%特図:100回
サポ759遊タイム97.77%特図:759回
時短条件

継続率は残保留を除く数値
残保留が複数パターンある場合の残保留継続率は合成値

b時短(遊タイム)

b時短(遊タイム)の規定回数と選択される時短

名前規定回数時短
遊タイム500回サポ759
b時短(遊タイム)詳細

規定回数は特図状態:低(低確率状態)での連続特図ハズレが対象

一種振分

一種大当り時の振分
順番は設定時に思いつきで入力しているため結構適当です。

状態名前割合出玉時短継続率
通常4R確変
(4R)
50%400玉(払出:440玉)
4R×11玉×10C=400(440)
ST10080.05%
4R通常
(4R)
50%400玉(払出:440玉)
4R×11玉×10C=400(440)
サポ10039.42%
ST10R確変
(10R)
50%1,000玉(払出:1,100玉)
10R×11玉×10C=1,000(1,100)
ST10080.01%
4R確変
(4R)
50%400玉(払出:440玉)
4R×11玉×10C=400(440)
ST10080.03%
時短10R確変
(10R)
50%1,000玉(払出:1,100玉)
10R×11玉×10C=1,000(1,100)
ST10080.02%
4R確変
(4R)
50%400玉(払出:440玉)
4R×11玉×10C=400(440)
ST10080.05%
遊タイム10R確変
(10R)
50%1,000玉(払出:1,100玉)
10R×11玉×10C=1,000(1,100)
ST10080.06%
4R確変
(4R)
50%400玉(払出:440玉)
4R×11玉×10C=400(440)
ST10080.06%
一種大当り振分

名前の()内のRは期待値計算時に使用するR数
継続率はその大当り後の時短で継続したかを判定しており、残保留込み

設定:なし(算出条件:遊タイムあり、残保留あり)

条件説明:遊タイムあり、残保留あり

状態

状態は各遊技状態を自分なりに設定したものであり、遊技機に表示される状態名とは異なります。
順番は設定時に思いつきで入力しているため結構適当です。

状態名特図特図状態普図状態リミット状態ベース対象モード
通常1
ST2ST
時短2
遊タイム2
残保留2
各遊技状態

実質大当り確率・継続率

各状態の実質大当り確率と実質継続率
継続判定は大当りとし、継続回数/選択回数にて算出
一種二種混合機については合算値

状態名大当り確率継続率
通常1/199.8190.45%
ST1/62.680.01%
時短1/199.839.45%
遊タイム1/199.5797.79%
残保留1/199.881.98%
実質大当り確率・継続率

※普図抽選の場合は2回以上の当選は全て当選1回とする
例:普図当選確率:1/1、4回抽選の場合
当選:1回(4回)、変動回数4回で大当り確率1/4と表記(正確な継続率取得の為)

一種確率

各状態別の一種確率
順番は設定時に思いつきで入力しているため結構適当です。

状態名前確率ST回数転落確率
通常低確率1/199.8
ST高確率1/62.59100回
時短低確率1/199.8
遊タイム低確率1/199.8
残保留低確率1/199.8
一種確率

時短

各時短設定値
順番は設定時に思いつきで入力しているため結構適当です。

名前消化状態継続率終了条件残保留その他リミット対象モード
ST100+4ST80.01%特図:100回4個ST
サポ100+4時短39.45%特図:100回4個
サポ759+4遊タイム97.79%特図:759回4個
残保留残保留1.98%
時短条件

継続率は残保留を除く数値
残保留が複数パターンある場合の残保留継続率は合成値

b時短(遊タイム)

b時短(遊タイム)の規定回数と選択される時短

名前規定回数時短
遊タイム500回サポ759+4
b時短(遊タイム)詳細

規定回数は特図状態:低(低確率状態)での連続特図ハズレが対象

一種振分

一種大当り時の振分
順番は設定時に思いつきで入力しているため結構適当です。

状態名前割合出玉時短継続率
通常4R確変
(4R)
50%400玉(払出:440玉)
4R×11玉×10C=400(440)
ST100+480.42%
4R通常
(4R)
50%400玉(払出:440玉)
4R×11玉×10C=400(440)
サポ100+440.66%
ST10R確変
(10R)
50%1,000玉(払出:1,100玉)
10R×11玉×10C=1,000(1,100)
ST100+480.41%
4R確変
(4R)
50%400玉(払出:440玉)
4R×11玉×10C=400(440)
ST100+480.41%
時短10R確変
(10R)
50%1,000玉(払出:1,100玉)
10R×11玉×10C=1,000(1,100)
ST100+480.39%
4R確変
(4R)
50%400玉(払出:440玉)
4R×11玉×10C=400(440)
ST100+480.37%
遊タイム10R確変
(10R)
50%1,000玉(払出:1,100玉)
10R×11玉×10C=1,000(1,100)
ST100+480.4%
4R確変
(4R)
50%400玉(払出:440玉)
4R×11玉×10C=400(440)
ST100+480.41%
残保留10R確変
(10R)
50%1,000玉(払出:1,100玉)
10R×11玉×10C=1,000(1,100)
ST100+480.42%
4R確変
(4R)
50%400玉(払出:440玉)
4R×11玉×10C=400(440)
ST100+480.3%
一種大当り振分

名前の()内のRは期待値計算時に使用するR数
継続率はその大当り後の時短で継続したかを判定しており、残保留込み

設定:なし(算出条件:遊タイムなし、残保留なし)

条件説明:遊タイムなし、残保留なし

状態

状態は各遊技状態を自分なりに設定したものであり、遊技機に表示される状態名とは異なります。
順番は設定時に思いつきで入力しているため結構適当です。

状態名特図特図状態普図状態リミット状態ベース対象モード
通常1
ST2ST
時短2
各遊技状態

実質大当り確率・継続率

各状態の実質大当り確率と実質継続率
継続判定は大当りとし、継続回数/選択回数にて算出
一種二種混合機については合算値

状態名大当り確率継続率
通常1/199.8100%
ST1/62.680.01%
時短1/199.939.44%
実質大当り確率・継続率

※普図抽選の場合は2回以上の当選は全て当選1回とする
例:普図当選確率:1/1、4回抽選の場合
当選:1回(4回)、変動回数4回で大当り確率1/4と表記(正確な継続率取得の為)

一種確率

各状態別の一種確率
順番は設定時に思いつきで入力しているため結構適当です。

状態名前確率ST回数転落確率
通常低確率1/199.8
ST高確率1/62.59100回
時短低確率1/199.8
一種確率

時短

各時短設定値
順番は設定時に思いつきで入力しているため結構適当です。

名前消化状態継続率終了条件残保留その他リミット対象モード
ST100ST80.01%特図:100回ST
サポ100時短39.44%特図:100回
時短条件

継続率は残保留を除く数値
残保留が複数パターンある場合の残保留継続率は合成値

一種振分

一種大当り時の振分
順番は設定時に思いつきで入力しているため結構適当です。

状態名前割合出玉時短継続率
通常4R確変
(4R)
50%400玉(払出:440玉)
4R×11玉×10C=400(440)
ST10080.01%
4R通常
(4R)
50%400玉(払出:440玉)
4R×11玉×10C=400(440)
サポ10039.44%
ST10R確変
(10R)
50%1,000玉(払出:1,100玉)
10R×11玉×10C=1,000(1,100)
ST10080.02%
4R確変
(4R)
50%400玉(払出:440玉)
4R×11玉×10C=400(440)
ST10080%
時短10R確変
(10R)
50%1,000玉(払出:1,100玉)
10R×11玉×10C=1,000(1,100)
ST10079.97%
4R確変
(4R)
50%400玉(払出:440玉)
4R×11玉×10C=400(440)
ST10080.03%
一種大当り振分

名前の()内のRは期待値計算時に使用するR数
継続率はその大当り後の時短で継続したかを判定しており、残保留込み

設定:なし(算出条件:遊タイムなし、残保留あり)

条件説明:遊タイムなし、残保留あり

状態

状態は各遊技状態を自分なりに設定したものであり、遊技機に表示される状態名とは異なります。
順番は設定時に思いつきで入力しているため結構適当です。

状態名特図特図状態普図状態リミット状態ベース対象モード
通常1
ST2ST
時短2
残保留2
各遊技状態

実質大当り確率・継続率

各状態の実質大当り確率と実質継続率
継続判定は大当りとし、継続回数/選択回数にて算出
一種二種混合機については合算値

状態名大当り確率継続率
通常1/199.81100%
ST1/62.5980.02%
時短1/199.6639.47%
残保留1/200.071.98%
実質大当り確率・継続率

※普図抽選の場合は2回以上の当選は全て当選1回とする
例:普図当選確率:1/1、4回抽選の場合
当選:1回(4回)、変動回数4回で大当り確率1/4と表記(正確な継続率取得の為)

一種確率

各状態別の一種確率
順番は設定時に思いつきで入力しているため結構適当です。

状態名前確率ST回数転落確率
通常低確率1/199.8
ST高確率1/62.59100回
時短低確率1/199.8
残保留低確率1/199.8
一種確率

時短

各時短設定値
順番は設定時に思いつきで入力しているため結構適当です。

名前消化状態継続率終了条件残保留その他リミット対象モード
ST100+4ST80.02%特図:100回4個ST
サポ100+4時短39.47%特図:100回4個
残保留残保留1.98%
時短条件

継続率は残保留を除く数値
残保留が複数パターンある場合の残保留継続率は合成値

一種振分

一種大当り時の振分
順番は設定時に思いつきで入力しているため結構適当です。

状態名前割合出玉時短継続率
通常4R確変
(4R)
50%400玉(払出:440玉)
4R×11玉×10C=400(440)
ST100+480.41%
4R通常
(4R)
50%400玉(払出:440玉)
4R×11玉×10C=400(440)
サポ100+440.68%
ST10R確変
(10R)
50%1,000玉(払出:1,100玉)
10R×11玉×10C=1,000(1,100)
ST100+480.41%
4R確変
(4R)
50%400玉(払出:440玉)
4R×11玉×10C=400(440)
ST100+480.41%
時短10R確変
(10R)
50%1,000玉(払出:1,100玉)
10R×11玉×10C=1,000(1,100)
ST100+480.44%
4R確変
(4R)
50%400玉(払出:440玉)
4R×11玉×10C=400(440)
ST100+480.4%
残保留10R確変
(10R)
50%1,000玉(払出:1,100玉)
10R×11玉×10C=1,000(1,100)
ST100+480.24%
4R確変
(4R)
50%400玉(払出:440玉)
4R×11玉×10C=400(440)
ST100+480.54%
一種大当り振分

名前の()内のRは期待値計算時に使用するR数
継続率はその大当り後の時短で継続したかを判定しており、残保留込み

スペック詳細

Posted by まつげ